2009年04月02日

和顔愛語

タイトルの和顔愛語は、

穏やかな笑顔で思いやりのある言葉を使う」ということ。

「雑宝蔵経」の中の「無財の七施」の中の言葉で、

地位や財産が無くとも誰もが容易に出来る布施の行いのことです。

【無財の七施】

@眼施(げんせ):温かい、優しい眼差しで人に接する

A和顔施(わげんせ):和やかな、微笑みのある顔つきで接する

B言辞施(ごんじせ):思いやりのこもった温かい言葉をかける

C身施(しんせ):礼儀正しい振る舞い、身をもって奉仕を行う

D心施(しんせ):心のこもった思いやりの心で接する

E床座施(しょうざせ):寝床や座席を提供する

F房舎施(ぼうしゃせ):気持ちよいもてなしをする


posted by 敬聴の会 at 23:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

コメントを書く

お名前

E-mail

コメント

認証コード

必須入力 ※画像の中の文字を半角で入力してください。

表示されるのは「お名前」と「コメント」のみです。

ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

コメント一覧

トラックバック一覧