2009年04月11日

ジョハリの窓

自分のことは自分が一番知っていると思っていませんか?

でも、自分の知らないことを周囲の人が知っているかもしれないし、自分の知らない自分もあります。

これを定義したのが、ジョハリの窓と言われています。

また、定義した人の名前からの造語であるジョハリは実在人物ではなく、4つの窓に意味があります。

4つの窓とは、

つまり、自分には@開放の窓=「公開された自分」(opens elf)、

A秘密の窓=「隠された自分」(hidden self)、

B盲点の窓=「自分は気が付いていないが、他人からは見られている自分」(blind self)、

C未知の窓=「誰からもまだ知られていない自分」(unknown self)がある。

自分の窓はどの部分が大きいですか? 

是非、考えてみてください。

ちなみに、公開された自分(開放の窓)が大きくなれば、

自己開示が進んでいるということです。


posted by 敬聴の会 at 22:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

コメントを書く

お名前

E-mail

コメント

認証コード

必須入力 ※画像の中の文字を半角で入力してください。

表示されるのは「お名前」と「コメント」のみです。

ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

コメント一覧

トラックバック一覧