2009年10月06日

第1回傾聴講座(銀座)開催しました

2009年10月5日(月) 18:30〜20:30 銀座ビジネスセンター・会議室で第1回傾聴講座を開催しました。

今回は2回連続講座で、ききがきすとグループとの合同開催で、12名の参加をいただきました。
次回は、講師の加藤さんの経営する「就職塾」(横浜)での開催となります。

2回目講座だけでも受講できますので、希望者は事務局または幹事まで連絡ください。

さて、講座の内容について、以下に、要点をご紹介します。


「受談者が学ばなければならない事の第一は、来談者の話をよく聴くことです。」


来談者が話そうとしている時の、【基本的な関わり行動】は、次の4つ。

@視線の合わせ方
A身体言語によるかかわり
B声の調子
C言語的追跡

【話を聴く時の関わり方】

1.話を聴く姿勢をとっているか

2.傾聴する(言葉だけでなく表情・仕種にも注意)

3.話を聴く時の注意事項

 @「覗き屋」にならない(自己興味)
 A「救済者」にならない(自己満足)
 B「誘導者」にならない(自己本位)
 C「軋轢者」にならない(自己誇張)
 D「やすで」にならない(自己究明)

4.質問の仕方

 @開かれた質問
 A閉ざされた質問

5.明確化

6.感情の共感的理解

7.要約による確認

以上を具体例を交えながら説明をしていただきました。

次に、温かい肯定的ストロークと、冷たい否定的ストロークの説明を受けて、最後に、練習問題と意見交換に盛り上がりました。

第2回目の傾聴講座では、実践練習を中心に学ぶ予定です。
ご期待ください。


posted by 敬聴の会 at 21:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

コメントを書く

お名前

E-mail

コメント

認証コード

必須入力 ※画像の中の文字を半角で入力してください。

表示されるのは「お名前」と「コメント」のみです。

ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

コメント一覧

トラックバック一覧

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。